かぼす君が感動した『花』や『風景』をあなたに伝えたい


by etakenaka
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:宮城・東北の風景( 116 )

伊豆沼のハクチョウ

伊豆沼は日本で2番目にラムサール条約湿地に登録された淡水湿地で、夏は沼全体を覆うほどのハスが人気観光スポットになっています。
そして晩秋からはハクチョウ3,000羽、ガン70,000羽、カモ5,000羽の越冬地になり、特にガンは日本に飛来する8割を占めているともいわれています。
e0006964_10344141.jpg

e0006964_9543494.jpg
e0006964_1034545.jpg

by etakenaka | 2013-02-03 10:35 | 宮城・東北の風景

銀世界の毎日

7日の午後5時24分、三陸沖を震源とするM7.4の地震がありました。
ドンドンと下から突き上げる激しい縦揺れ、そして長く続いた横揺れで、昨年の大震災の
記憶を呼び戻す地震でした。どうやら大震災の余震ということですが、私たちの記憶から
少しずつ忘れかけつつある防災意識に警告を与えているような気がしました。
 

ところで、本州付近の上空に非常に強い寒気が流れ込んだ影響で、土曜日から雪が降っ
たり止んだりの天気が続いています。
現在の積雪は16cmと大したことはないのですが、昨日の最高気温は-1℃。
つまり一日中、氷点下だったということで、これまで住んでいた千葉とのギャップを改めて
感じています。
このままでは氷漬け状態になりそうなので、来週千葉に避寒する予定です。(笑)
e0006964_1023377.jpg

by etakenaka | 2012-12-10 10:04 | 宮城・東北の風景

鳴子峡の紅葉(2)

鉄道ファンではないのですが、せっかく鳴子峡に来たので、鉄ちゃんたちが紅葉をバックにトンネルから
出てくる特別列車「リゾートみのり号」を撮影しようと待ち構える列の中に、なんとか入れてもらって撮影
したのが1枚目です。
e0006964_20385924.jpg
e0006964_20383430.jpg
e0006964_20392487.jpg
e0006964_2039215.jpg

by etakenaka | 2012-11-10 20:44 | 宮城・東北の風景

鳴子峡の紅葉(1)

宮城県内では一、二を争う紅葉の名所が鳴子峡。
このブログでも5~6年前に紹介した場所です。
「サンデー毎日」の特典を活かして土・日曜日を避けて行ってみましたが、観光バスやマイカーが
予想以上に多く来てました。やはり紅葉の季節はどこに行っても混雑覚悟が必要なようです。
昨年の大震災の影響で、見所となっていた鳴子峡遊歩道は現在も完全閉鎖中です。
まず今回紹介するのは定番の撮影ポイントからのものです。
e0006964_924466.jpg
e0006964_931468.jpg
e0006964_93956.jpg

by etakenaka | 2012-11-08 09:04 | 宮城・東北の風景
国道398号沿いの温湯温泉と花山湖の間にある渓谷で滝が2つあります。
滝は「不動の滝」と「四巻の滝」という高低差の小さいものです。
渓谷は紅葉の見ごろにはちょっと早過ぎましたが、なかなか変化に富んだ美しい渓谷です。
ただし、数台停められる駐車場はぬかるみがいくつもあるので、タイヤが泥だらけになるのを
覚悟しないといけません。
e0006964_1015668.jpg
e0006964_1015317.jpg
e0006964_10153915.jpg
e0006964_10154310.jpg
e0006964_10161472.jpg

by etakenaka | 2012-10-25 10:16 | 宮城・東北の風景

古川秋まつり

40年ぶりに故郷に戻ってきてから、はや2ヶ月。
そして20日、21日の2日間、秋まつりが開催されました。
この秋まつりが始まって24、5年らしいので、私にとっては初めての祭りでした。
大名行列、ハロウィンウォーク、スウィーツフェスタ、おおさき元気食堂などで、街全体が久しぶりに
活況を呈していたのは、嬉しいことでした。

中里後陣大名行列
 徳川時代から祇園八坂神社に伝わる由緒ある行事
e0006964_21194939.jpg

 毛槍を投げ渡す勇壮な奴振り
e0006964_21195634.jpg
e0006964_2120148.jpg

by etakenaka | 2012-10-21 21:21 | 宮城・東北の風景

栗駒山の紅葉ふたたび

前回の一週間後の12日、栗駒山に再度行ってみました。
しかし、平日にもかかわらず、いわかがみ平駐車場が満車ということで手前の「いこいの村栗駒
」(現在休業中)で車を止められて、いわかがみ平までマイクロバスでの移動になりました。
中腹から頂上までは急にガスが出てきて、頂上ではまったく下界を見ることはできませんでしたが、
中腹付近まではこれまでで一番の紅葉を見ることができ、大満足の一日でした。
e0006964_9331256.jpg
e0006964_933531.jpg
e0006964_9341293.jpg
e0006964_934428.jpg
e0006964_9351689.jpg

e0006964_9354366.jpg
e0006964_936598.jpg

e0006964_950160.jpg

by etakenaka | 2012-10-15 09:51 | 宮城・東北の風景

栗駒山の紅葉

私が好きな写真家の一人である竹内敏信さんが絶賛する栗駒山の紅葉。
今までは仕事の都合でなかなかタイミングよく栗駒山に行くことはできませんでしたが、今年からは
時間の制約がありませんので、、混雑する土日は避けて平日に行くことができます。
そして、そのタイミングと天候を見計らって2日前に行ってきました。
途中、所々で雨が降っていましたが、いわかがみ平の駐車場に車を止める頃には雨もすっかり
上がり、青空が広がってきました。
当然私の腕には4月に会社の仲間たちから還暦祝いにプレゼントされたSUUNTOの腕時計が
バッチリ装着されています。
栗駒山は標高1,628m、いわかがみ平は1,1131mなので標高差は500mですが、これでどの程度
登ったのか、その高度がこの腕時計でわかるわけです。
ところが1,400m付近の見晴らしが良い場所に到達した頃から雷が鳴りだし、白い雲がどんどん西側
から覆ってきて、やがて雨が降り出してきました。30分ほど様子をみたのですが、どんどん雨が強くな
ってきたので、山頂まで登ることはあきらめて下山しました。
そういうことで1,400m付近までで撮影した写真だけですが、その美しさの一端は皆さんにもわかって
もらえると思います。来週、様子をみて栗駒山にリベンジしたいと思っています。
中腹(1,400m付近)から山頂方面
e0006964_930146.jpg

e0006964_930403.jpg

e0006964_14435228.jpg

中央コース登り口付近
e0006964_14441067.jpg

いわかがみ平駐車場からの眺め
e0006964_1444267.jpg

by etakenaka | 2012-10-07 14:47 | 宮城・東北の風景

台風襲来前に稲刈りを。

台風17号が東海、関東、そして東北方面に向かって北上中です。
台風前に稲刈りをしておこうという農家が多いようで、あちこちの田んぼで稲刈りをする光景
に出合いました。
刈り取った稲は機械乾燥をするのが一般的で、手間のかかる天日干しをすることはとても少
なくなっているようです。
でも天日で干した稲は、機械乾燥よりもアミノ酸と糖の含量が高いので、明らかに美味しさが
違うようです。
このため自家用の稲だけを天日干しにしているようです。
e0006964_9491466.jpg
e0006964_9493623.jpg

by etakenaka | 2012-09-30 09:51 | 宮城・東北の風景
大崎市を代表する特産品に「凍み豆腐」があります。
一般的には西日本では高野豆腐、東日本では凍り豆腐といわれるものですが、手作りのせいか、これらと
比べると弾力があり、独特の味わいがあります。
この「凍み豆腐」を乾燥させずに、凍らせたまま熟成させた、なめらかな歯ごたえが特徴の「凍みっぱなし」
当地域の隠れた特産品です。
この「凍みっぱなし」をカツ丼風に仕上げた「凍みっぱなし丼」がトンカツのようなやわらかい食感になるように
してあり、ヘルシーでカツ丼に食感がそっくり。
カツ丼大好き人間の私ですが、とても美味しかったです。
凍みっぱなし丼
e0006964_14215995.jpg

伊達政宗公騎馬像
e0006964_1427544.jpg

収穫間近になった今年の稲
e0006964_14281559.jpg

by etakenaka | 2012-09-17 14:35 | 宮城・東北の風景