かぼす君が感動した『花』や『風景』をあなたに伝えたい


by etakenaka
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2012年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

国道398号沿いの温湯温泉と花山湖の間にある渓谷で滝が2つあります。
滝は「不動の滝」と「四巻の滝」という高低差の小さいものです。
渓谷は紅葉の見ごろにはちょっと早過ぎましたが、なかなか変化に富んだ美しい渓谷です。
ただし、数台停められる駐車場はぬかるみがいくつもあるので、タイヤが泥だらけになるのを
覚悟しないといけません。
e0006964_1015668.jpg
e0006964_1015317.jpg
e0006964_10153915.jpg
e0006964_10154310.jpg
e0006964_10161472.jpg

by etakenaka | 2012-10-25 10:16 | 宮城・東北の風景

古川秋まつり

40年ぶりに故郷に戻ってきてから、はや2ヶ月。
そして20日、21日の2日間、秋まつりが開催されました。
この秋まつりが始まって24、5年らしいので、私にとっては初めての祭りでした。
大名行列、ハロウィンウォーク、スウィーツフェスタ、おおさき元気食堂などで、街全体が久しぶりに
活況を呈していたのは、嬉しいことでした。

中里後陣大名行列
 徳川時代から祇園八坂神社に伝わる由緒ある行事
e0006964_21194939.jpg

 毛槍を投げ渡す勇壮な奴振り
e0006964_21195634.jpg
e0006964_2120148.jpg

by etakenaka | 2012-10-21 21:21 | 宮城・東北の風景

栗駒山の紅葉ふたたび

前回の一週間後の12日、栗駒山に再度行ってみました。
しかし、平日にもかかわらず、いわかがみ平駐車場が満車ということで手前の「いこいの村栗駒
」(現在休業中)で車を止められて、いわかがみ平までマイクロバスでの移動になりました。
中腹から頂上までは急にガスが出てきて、頂上ではまったく下界を見ることはできませんでしたが、
中腹付近まではこれまでで一番の紅葉を見ることができ、大満足の一日でした。
e0006964_9331256.jpg
e0006964_933531.jpg
e0006964_9341293.jpg
e0006964_934428.jpg
e0006964_9351689.jpg

e0006964_9354366.jpg
e0006964_936598.jpg

e0006964_950160.jpg

by etakenaka | 2012-10-15 09:51 | 宮城・東北の風景

栗駒山の紅葉

私が好きな写真家の一人である竹内敏信さんが絶賛する栗駒山の紅葉。
今までは仕事の都合でなかなかタイミングよく栗駒山に行くことはできませんでしたが、今年からは
時間の制約がありませんので、、混雑する土日は避けて平日に行くことができます。
そして、そのタイミングと天候を見計らって2日前に行ってきました。
途中、所々で雨が降っていましたが、いわかがみ平の駐車場に車を止める頃には雨もすっかり
上がり、青空が広がってきました。
当然私の腕には4月に会社の仲間たちから還暦祝いにプレゼントされたSUUNTOの腕時計が
バッチリ装着されています。
栗駒山は標高1,628m、いわかがみ平は1,1131mなので標高差は500mですが、これでどの程度
登ったのか、その高度がこの腕時計でわかるわけです。
ところが1,400m付近の見晴らしが良い場所に到達した頃から雷が鳴りだし、白い雲がどんどん西側
から覆ってきて、やがて雨が降り出してきました。30分ほど様子をみたのですが、どんどん雨が強くな
ってきたので、山頂まで登ることはあきらめて下山しました。
そういうことで1,400m付近までで撮影した写真だけですが、その美しさの一端は皆さんにもわかって
もらえると思います。来週、様子をみて栗駒山にリベンジしたいと思っています。
中腹(1,400m付近)から山頂方面
e0006964_930146.jpg

e0006964_930403.jpg

e0006964_14435228.jpg

中央コース登り口付近
e0006964_14441067.jpg

いわかがみ平駐車場からの眺め
e0006964_1444267.jpg

by etakenaka | 2012-10-07 14:47 | 宮城・東北の風景
大崎市古川小野の羽黒山公園のヒガンバナが2週間遅れでやっと開花しました。
ここは昭和40年代初めから地元住民の方々がヒガンバナを植えはじめて、今では約15万本
が斜面を赤く染めるようになりました。
今年は厳しい残暑と記録的な少雨で生育が遅れて約2週間ほど遅れて開花しました。ベンチ
でのんびり休んでいた地元のお婆さんが「これまでで一番遅いのではないか」と言ってました。
e0006964_1612984.jpg

e0006964_16123799.jpg

e0006964_1612404.jpg
e0006964_1613749.jpg
e0006964_16131216.jpg

by etakenaka | 2012-10-05 16:14 | 花・植物